Cherry*Cherry
counting cherry stones

スポンサーサイト ()

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2009.12.26 Saturday | - | - | スポンサードリンク |
不死の花の香り (23:08)
若き大富豪ロークとの結婚を間近に控えたニューヨーク市警の女警部補イヴは、ウェディングドレスを作ることになった。ドレスを仕立ててくれるのは、無二の親友メイヴィスに紹介された新進のデザイナー、レオナルド。メイヴィスがレオナルドに恋をしていることは、はた目にも明らかだった。ところが、ある夜、レオナルドと以前付き合っていた女性が無惨にも撲殺される。しかも、状況証拠が指し示す第一容疑者は、こともあろうにメイヴィスだった!アメリカにつづき日本でも人気爆発のイヴ&ローク・シリーズ、待望の第3弾。
続きを読む >>
| 2009.02.07 Saturday | [Books]J・D・ロブ | comments(0) | Luna |
雨のなかの待ち人 (19:03)
『この悪夢が消えるまで』につづく傑作ロマンティック・サスペンス第2弾!
雨に濡れた場末の路上に横たわる女は、無残にも喉を切り裂かれていた。
彼女の名前はシシリー・タワーズ。高名な検事だった。
なぜ彼女は深夜にこんな物騒な地域を訪れたのだろう?
ニューヨーク市警の女警部補イヴはそういぶかった。
だが、やがて同様の手口でひとりの女優が殺害され、イヴの疑問は苦悩へと変わった。
ふたりの被害者の共通点は、世間に名が知れていることと、大富豪ロークと付き合いがあることだけだったのだ……。
『この悪夢が消えるまで』につづくイヴ&ローク・シリーズ第2弾!
続きを読む >>
| 2009.01.17 Saturday | [Books]J・D・ロブ | comments(0) | Luna |
この悪夢が消えるまで (06:18)
ノーラ・ロバーツが別名義で贈る話題のロマンティック・サスペンス第一弾!
21世紀半ばのニューヨーク。
ブロードウェイの高層ビルでシャロンという名の娼婦が射殺され、女性警部補イヴが捜査の指揮を命じられた。
シャロンは著名な上院議員の孫娘で、凶器は前世紀の拳銃、現場に残された紙片には<六の一>と書かれていた。
イヴは、そのビルのオーナーである謎めいた大富豪ロークを容疑者と見なす一方、心ならずも彼に惹かれていく。
だが、やがてふたたび娼婦殺害事件が発生、現場には<六の二>と記された紙が……。
続きを読む >>
| 2009.01.12 Monday | [Books]J・D・ロブ | comments(0) | Luna |
| 1/1 |