Cherry*Cherry
counting cherry stones

スポンサーサイト ()

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2009.12.26 Saturday | - | - | スポンサードリンク |
トワイライト13 (06:32)

ついに 完結!
人間とヴァンパイアの愛はクライマックスへ

愛を守りぬくと決意したベラとエドワード。
「不滅の子」に裁きを下そうとするヴォルトゥーリ。
掟を破ったカレンたちの命運は?

全世界4200万部のベストセラー・シリーズ最終巻
ヴァンパイア・ロマンスは衝撃のフィナーレを迎える…

不安に駆られたレネズミの手がほほに軽くふれた。
まずあたし、エドワード、ジェイコブ、エズミ、カーライル…家族の顔をぱらぱらめくるように見せる。
セスとリア、チャーリー、スー、ビリー…この子は知らない、もうすぐ訪れる悪夢を。
ついに完結!人間とヴァンパイアの愛はクライマックスへ。










ついに完結です。
長いようで短かったですね。

終わって欲しくないような、それでいて終わって欲しいような。
ベラとエドワードには色々、本当に色々ありすぎましたから、早く何も考えずに幸せに暮らせるようになって欲しいなっていうのはありますね。
けど、彼等の時は永遠なわけですから・・・

ヴォルトゥーリが来るまでに色々と備えるカレン家。

アリスが見た未来はどんなものだったのか分からぬまま、彼女は家族の前から姿を消してしまいました。
アリスの見た未来を他の皆に知らせる=即死ということなのですね。
頭の中を読めるアロにかかると、どんな作戦を巡らせようと、無駄なわけです。
だからアリスは、皆が知らないほうが良い、と判断して黙って消えたのです。

ベラが転生してから、治ると思っていたエドワードの心配性、全然治って無いです。笑
そこがエドワードの良いところでもありますけど。
ベラは人間だった時よりもより自分らしく居れる感じがしますね。
やっぱりヴァンパイアになる為に生まれてきたのかもしれません。


戦いの時は刻一刻と近づいてきます。
ベラは、エドワードにも内緒で、アリスにメモで指示された場所に向かい、もしもの時にレネズミだけでも生き残れるようにと偽造パスポートを作っておきます。
この時点で、ヴォルトゥーリに殺されるかもしれないという不安と恐怖はピークに。
せっかく掴んだ幸せだったのに、あっけないなぁと・・・


いざ対決となってみると。
ヴォルトゥーリ達は不滅の子を制裁するというのを名目に掲げてはいますが、本当に欲しかったのはカレン家の能力者達と、そして残りのヴァンパイヤの絶滅なのでした。
しかし、一番欲しかったアリスがおらず・・・
おまけにベラの開花した特殊能力、シールドによって、何もせずに帰っていくのでした。


最後はちょっとあっけなかったけど・・・
でも、大切な人々が誰しも傷つかずにいれた事に感謝しなきゃです。


今回、色々なヴァンパイアが出てきてキャラクターが一気に増えたわけですが、これで完結ってちょっと勿体無いなぁって思います。
これからもまだまだ話は広がりそうなのにね。
でも、物足りないくらいが良いのかな。


胸を焦がすようなベラの初恋でしたが、最終的に、エドワードと永遠を共にする事ができて、とっても素敵でしたね。
彼となら時間が永遠にあろうとなかろうと、きっとお互いだけを見てお互いを思いやって、死ぬまで(死なないけど)一緒に生きていけるでしょうね。

基本的に、ベラとエドワードのイチャコラが好きなあたしとしては、Breaking Downの後半は本当に良かったです。
Twirightの前半〜中盤と同じ位好きです。
ステファニー・メイヤーさんは、本当に恥ずかしくなるような甘酸っぱいラブシーンを書くのがお上手ですね。
おかげさまで、エドワードが大好きになった訳ですが。

もうすぐ映画も公開なので、楽しみにしていたいと思います。


Midnight Sunも早く書籍化されて欲しいですね。
そもそもされるのかどうか分かりませんが・・・ご本人はしたいとおっしゃっていたし。
日本語で全て読みたいですね。

今後のサイドストーリーなんかも新たに出版されるのを心待ちにしつつ・・・

| 2009.03.19 Thursday | [Books]ステファニー・メイヤー | comments(2) | Luna |
スポンサーサイト (06:32)
| 2009.12.26 Saturday | - | - | スポンサードリンク |
Comment








はじめまして!
トワイライトで検索してたらこのブログに行きつき感想を一気に読ませていただいきました。
思ってることが似ていたのでうれしくなってしまい、ついついコメント書かせていただいてます。

私もエドワード派でちょっと途中、特に3部あたりはジェイコブくんに辟易(+そこに執着するベラにもちょっと)していたので読みながら「うんうん」と共感しきりでした。
特に「レネズミに刻印してくれたおかげで、犬っころジェイコブが、ベラとエドワードの仲を邪魔することがなくなったからです。
もう本当良かった!
レネズミもとい、ネッシー最高ありがとう、ネッシー!」のくだりには拍手でスタンディングオペレーションなぐらいに同意権です(笑)

実はトワイライトやっと本日読破したところなのでこれからしばらくは再読しながら自分なりの妄想の翼を広げていこうと思ってます。
エドワードの外伝をはじめもっといろいろスピンオフ展開があるとよいですね♪
posted by コメ | 2009/06/07 9:57 PM |
>コメ様

はじめまして♪
コメ様もトワイライターですか!仲間ですね♪嬉しいです!
トワイライト読破、おめでとうございます^-^

やっぱりエドワードですよねー!エドワード無くしてトワイライトではないって感じですよね。
なので、私的には、NEW MOONの序盤、エドワードがベラの頭の中の声だけ出演だったので、読むの辞めようかと思いました。
今思えば、ガマンして最後まで読んでよかったです。笑
スピンオフ展開、して欲しいですよね♪

コメント、有難うございました★
posted by Luna@管理人 | 2009/06/12 1:48 AM |
Trackback
TrackBack URL: http://estrellada.jugem.jp/trackback/90
<< NEW | TOP | OLD>>